情報フリーエンジニアのシェアウェア開発

フリーランスとして働くには、営業活動が欠かせない。
仕事を獲得する事は、フリーで仕事に取り組むにあたって大きな課題である。
収入が得られる手段があれば、安定した仕事ができる。プログラミングのフリーエンジニアとして働く場合には、開発プロジェクトに参加するなどの仕事の方法がある。
しかしその一方で、プログラミング技術を活かした、別の収入の獲得方法も存在する。

シェアウェアは、プログラマが収入を得るための手段としてある。
ソフトウェアは、無料で利用ができるフリーウェアと共に、シェアウェアの販売も行われている。開発力に自信があるプログラム開発のフリーエンジニアであれば、自らソフトウェアの開発プロジェクトを立ち上げて、ソフトウェアを完成させることもできる。
それを販売することにより、フリーエンジニアとしての収益をあげることができる。

特にインターネットの通信環境が整った事から、オンラインでシェアウェアを販売する手段が利用できるようになっている。
シェアウェアのオンライン販売では、販売活動のためのコストをほとんどかけずに実施できるという点でメリットが大きい。
ヒットするシェアウェアが開発できれば、大きな利益を得ることも可能であり、シェアウェア開発には大きな魅力がある。
数多くリリースされているシェアウェアの分野で、世間から注目を集める事は難しい。しかし、その大きなチャンスに、フリーのエンジニアとしてかける価値はある。


Comments & Responses

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です